キヨステ
一人掲示板


2017年10月22日(日)
16:28


下で書いたようなお迎えが来ては困るので、先日、実家に顔を出しました。とにかく地味で控えめ、流行に飛びつくことなど一切ない私の母ですが、世間から随分遅れてケータイでメールを使うようになった時には、息子としては連絡が取りやすくなり良いことでした。数年前から、周りの友人の影響でか、柄にもなくメールに絵文字が登場するようになり、私は絵文字を使ったことがないので分からないのですが、絵文字とは例えば、「メールちょうだい」なら「(メールの絵文字)+ちょうだい」と表記してこそ意味があるものではないのですか。母のメールは「ケータイ+(ケータイの絵文字)、カバン+(カバンの絵文字)+に入れたままでごめん+(謝ってるみたいな絵文字)」と、既に文字で打っている単語の後にその単語の絵がわざわざ常にくっついてくる、これは一体どう思っておけば良いのでしょうか。

私の父の右傾化については前にここでも書きたましたが、それはパワーアップするばかりで、月刊WillのみならずHanadaの熱心な購読者になっておりました。久しぶりに会い、近況など話していると、そう言えばと父が雑誌や書籍で読んだ話を、知らないであろう息子に情報提供してやろうと話を始めるのですが、その内容は慰安婦や南京大虐殺は捏造、ライダイハン、朝日・毎日No、それら始めネトウヨなどの嫌韓嫌中テンプレ勢揃いといった感じで、久しぶりに実家でのんびりさせてもらおうとやって来たというのに、気づけば家庭内においてカウンターとしての戦いに明け暮れるという、これも一体何なのでしょうか。

一昨日のキヨステライブはかなり良くできたとメンバーで自賛できるほどには良かったですし、対バンのライブも全て楽しませてもらいました。遠方からは学生時代の先輩や友人が来てくれたほか、早い時間にも関わらずお出でいただいた皆さん、ありがとうございました。ライブ直前、メンバーで食事した後、ちょうど三軒茶屋に安倍首相が応援演説に来ていました。ベースのもっちーと2人で見ていましたが、将来、あの頃はまだ良かったねなどと話すようなことがないよう祈るような気持ちです。今晩の選挙速報などで投票率を知ったりすると、また何もやる気がしなくなってしまうモードに入ってしまうかもしれないため、その前に取り急ぎお礼の書き込みを。ありがとうございました。さよなら。



戻る

お問い合わせは
info(アットマーク)kiyosute.com
まで