キヨステ
一人掲示板


2017年10月4日(水)
20:28


7月末から描いてきた絵をとにかく完成しなくては他の何もが進まないため、一次審査の写真を送った翌日、撮影のためにやっつけで描いた部分の塗りつぶしから再開しました。その手戻りもあり、締切3日前、あと30時間ほどあれば完成かなどと言っていた時点からは、結局80時間以上かかって先週完成しました。もうしたくもないしするつもりもなかった無理がたたり、体調は崩すわ、なおざりにし過ぎた色々なことが続々炎上中で、出来はどうあれ一枚仕上げる引き換えに最もダメージを受けた絵かもしれません。私の記憶には残りました。

そんな中、私の気分をさらに鬱々とさせてくれるのが国政ですが、ついに「中道」という言葉は死語になってしまうのでしょうか。場合によっては消去法で共産党に入れるしかないというような、自分にこんな日が来るとは思ってもいませんでした。女性というだけでソフトで優しい政治をしてくれそうなどという、大衆が持つ時代錯誤な偏見を、持たせたまま利用するしたたかさを持っていそうな都知事は、現首相のようにすぐキレたり、漢字が読めないようなミスは容易にはしないのでしょう。

私も自分が政治の動きを逐一、全て公正な視点で見られているとは思いませんが、先日、会った友人は、森友も加計も、詩織さんも関東大震災朝鮮人犠牲者追悼式の件も、ほとんど知らないと言っていました。この友人はひいき目抜きで賢くて責任感もある、人から尊敬されるところも多い人です。しかし友人は忙しいのです。皆が仕事、子育て、介護、色々に追われる中、空いた時間にせっせと政治ウォッチなどという奇特な人がそうそういるものか。だからこそ我々は投票で選んだ者を信じて託し、高額な報酬を払って専門家として働いてもらっているのではないのか。上記の友人は投票にはちゃんと行く人なはずです。しかしその投票行動はテレビ等で垣間見られるだけの、美しいポエム的イメージが拠り所になってしまうかもしれません。選挙の結果を本気で恐れています。さよなら。

8月、絵を描いているさなかに、一人掲示板で撮影・録音だけして放置していた3曲のうちの1曲目は、この夏、私にとって大事さをさらに増したことは言うまでもない、職場での昼寝です。→ 「マイシエスタのテーマ」



戻る

お問い合わせは
info(アットマーク)kiyosute.com
まで